時をかける中年男2012-12-03(Mon)


KMZ RUSSAR MR-2(L)20/F5.6

時間の壁を越える現実創造を試みてみました。

PM6:45頃、この時間帯でこの場所から自宅駐車場まで道路が空いていて少々飛ばしても通常約20分(信号待ちが重なると25分)。
「よし、7時に着く」と心で決めて車を走らすといきなり前方の車がのんびり運転でややくじけそうに…。
と、その時内なる声が…。
「物理的な力(この場合スピードを意味する)を放棄すること」
「速く走る事と7時に着くことに実は因果関係はありません。物理次元の法則(つまり速く走ればその分だけ早く着く)にとらわれてしまうと時間の壁は越えられません」
とのこと。

な、なるほど…了解っス(そんな簡単に言われても…)
それ以降は前方ののんびり車の後をのんびりついて行き、信号は無理せずきちんと守り(当たり前だろ)、時計は見ないでリラックスして鼻歌を歌いながら運転しました。

で、駐車場に無事着いて時計を見ると「7:00」

う~んどこで時間の壁を越えたんでしょう…。
今日のペースは明らかに25分ペースだったのですが…。

昨年あたりは偶然に何度かこの経験をしましたが、今回は意識的にやってみたら…出来ちゃいました
次も出来るかは自信ありませんが…。

明らかに今ある世界の壁が破れかけてます。

Comments(9) | LEICA DⅢ -フィルム写真-

Comment

すご~い!

みっちーは何でも出来るね^^
私もやってみよ~っと☆

2012-12-03 09:43 | URL | みやこ [ 編集]

ほんと、すごーい!

ほんとうに、自分の望む現実を創造するチャンスなんですね〜

確かに、パチンコに例えると、
チューリップが開いているような状態なんですね。

わくわくしてきました!


2012-12-03 19:14 | URL | momo [ 編集]

ミッチー…どこまで行っちゃったの~~!w

そのミッチーに自分も~って思ったみやことmomoもすごい!!
私はまずみやことmomoを見習いたいと思います(*^_^*)

2012-12-03 20:34 | URL | NORI [ 編集]

ありがとう

みやこ、momo、NORI ありがとね。

ひとつひとつのチャレンジで自分の内側にある限界(観念としての)を広げている感じだよ。
現実創造って結局自分が許している範囲でしか起こらないから、心の視野が狭かったり、観念的にものごとを決め付けているとすぐに行き詰るね。
でも、これの良いところって“絶対的な自分への信頼”がベースになっているから、相対的な敗者を必要としないことだね。
all winの発想って言うのかなぁ…皆が勝者で、満足出来る結果を創造できるって実感し始めているよi-179

2012-12-04 01:08 | URL | Mizzy [ 編集]

すごいな~

ミッチー、ホントにホントにスゴイ!
私もやってみたい~!
車でもしてみたいしブログ書くのにも応用してみたい♪

2012-12-04 02:33 | URL | シマダ ヒサヨ [ 編集]

昨日このブログ読んでから、この話が頭の中を回っています。
みっちーは魔法使いかも~(笑)。
でも、私もやってみたいなって思いました。

昨夜は一人で「ブレイブハート」の最後の方を見てたのですが、
「今11時だから、見終わって11時半に寝るぞ」ってやってみました。あえなく惨敗。考えたら、DVDの時間は決まってるのだから、あり得ない状況で試してました~。(^^ゞ

しかし、「ブレイブハート」ってああいう話だったのですね。
かなり震えました。かなり泣きました。もう少しちゃんと自分を感じながら、何度か見たいと思います。

2012-12-04 17:24 | URL | harumi [ 編集]

Re: すごいな~

ヒサヨ

うん、経験を積んで少しずつ意識の制限を外してゆくだけだからね。
で、結果にこだわらないようにね。
大切なのは満たされた気持ち、愛だよ。

2012-12-04 17:59 | URL | Mizzy [ 編集]

Re: タイトルなし

harumi

「考えたら、DVDの時間は決まってるのだから、あり得ない状況で試してました」ってのが意識の制限だって気付いてね。
物理次元の法則の壁を越える意味ではかなりハードル高いけど。

「ブレイブハート」は15年くらい前に観てから何度も観てるけど、あのラストがね…。
これから観る人もいるかも知れないから多くは書かないけど、主人公は満足だったんだと思うんだよね。
僕の好きな映画はどれもこれも「信念を生きる」って言うストーリーが多いなぁ。

2012-12-04 18:05 | URL | Mizzy [ 編集]

意識の制限ですか。。確かに。。。そして、確かにかなりハードル高いです。でも、面白いので、ハードル低いところからまた今度試してみま~す。

信念って本当にすごいですよね。本物の信念は、どんな力をもってしても命を奪ってさえも、奪ったり、変えたりできないのですから。

2012-12-05 10:00 | URL | harumi [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

プロフィール

Mizzy

Author:Mizzy
1961年生まれ ♂
東京在住

自分のココロに正直に生きています。
それを「自分力」と称しています。
そう言う教室をやっています。

ここはその一環として「波動写真」なるものを模索中。

※掲載物の無断転載・複写・複製
及び商用利用は固くお断りします。

【現役愛機】
●SONY Cyber-shot DSC-RX100M4
 zeiss Vario-Sonnar T* 24-70/F1.8-2.8
 (since2016.9)

●SONY α7Ⅱ
 (since2015.10)
 Carl Zeiss Planar T*50mm/f1.4MMJ(YC)

●LEICA M3
 (since2011.6)
●LEICA CL
 (since2014.10)
 Leica SUMMILUX(M)35/F1.4 2nd('69)
 Leica SUMMICRON-C(M)40/F2 ('74)
 Leica SUMMICRON(M)50/F2 2nd・ProtoType('68)
 Leica HEKTOR(L)50/F2.5(不明'33頃)
 Leica SUMMAR(L)50/F2('33)
 Leica ELMAR(L)90/F4・Fat Type('32)
 KMZ RUSSAR MR-2(L)20/F5.6(不明)
 KMZ JUPITER-12(L)35/F2.8('76)
 Canon CANON LENS(L)50/F1.2('56)
 Carl Zeiss Jena TESSAR(Cx) 28/F8('35)
 Carl Zeiss Jena SONNAR(Cx) 50/F1.5('36)
 Carl Zeiss Jena SONNAR(Cx) 50/F2('34)
 Carl Zeiss Jena Triotar(Cx) 85/F4('33)
 Carl Zeiss Jena SONNAR(Cx) 135/F4('33)
 Voigtlander SUPER WIDE HELIAR(L)15/F4.5ASPH

●ASAHI PENTAX S2 super
 (since2014.6)
 SMC TAKUMAR 50/F1.4
 Super-Multi-Coated TAKUMAR 55/F1.8
 Auto-TAKUMAR 55/F2.0
 Kodak P.Angenieux(M42改) 50/F2.8
 aus(Carl Zeiss) Jena PANCOLAR 50/f2.0
 Carl Zeiss Jena TESSAR(M42改) 50/F3.5(1913)
 Carl Zeiss Jena Flektogon 25/F4
 Carl Zeiss Jena SONNAR 180/f2.8
 KMZ INDUSTAR-50 50/F3.5
 KMZ Jupiter-9 85/F2.0
 KMZ MC ZENITAR-M 16/F2.8 FISH-EYE
 ENNA Tele-Ennalyt 135/F3.5

●KOWA Kowa SIX
 (since2014.4)
 Kowa 85/F2.8

●Voigtlander SuperBessa
 (since2017.1)
 Helomar 105/F3.5

●Voigtlander VIRTUS
 (since2014.12)
 Heliar 75/F3.5

●Voigtlander Perkeo
 (since2017.1)
 Anastigmat Skopar 55/F3.5

● Voigtlander Focusing BRILLANT
 (since2017.1)
 Heliar 75/F3.5

●Voigtlander BRILLANT
 (since2014.12)
 Anastigmat Skopar 75/F4.5

●ZEISS IKON Super Ikonta530/2
 (since2017.3)
 Carl Zeiss Jena TESSAR 105/F4.5

●POLAROID 180
 (since2017.1)
 TOMINON 114/f4.5

【退役愛機】
●RICOH CAPLIO GX100
 (since2007.10〜2016.9) 

●SONY α350
 (since2008.8~2009.10)
 SONY ZEISS Vario Sonnar T* DT16-80/F3.5-4.5
 SONY 70-300/F4.5-5.6G SSM
 SONY DT18-200/F3.5-6.3
 SONY 100/F2.8 Macro
 SIGMA 30/F1.4
 SIGMA 10-20/F4-5.6

●RICOH GXR
 (since2012.12〜2015.10)
 MOUNT A12
 RICOH LENS A16 24-85/F3.5-5.5

●Voigtlander BESSA R3M
 (since2009.10~2010.2)
●Voigtlander BESSA R2
 (since2010.7~2010.10)
●Voigtlander BESSA T
 (since2009.10~2010.10)
●EPSON R-D1s
 (since2010.1~2010.10)
●LEITZ minolta CL
 (since2010.4~2010.11)
●LEICA Standard
 (since2011.12~2012.1)
●LEICA M6
 (since2010.8~2012.1)
●LEICA DⅢ
 (since2012.1〜2014.12)
 Leica SUPER-ANGULON(M/L)21/F4('59)
 Leica SUMMICRON(M)35/F2 1st('66)
 Leica SUMMICRON(M)35/F2 3rd('91)
 Leica SUMMARON(L)35/F3.5('51)
 Leica SUMMILUX(M)35/F1.4 2nd・with eye('66)
 Leica SUMMICRON(M)50/F2 2nd('69)
 Leica DR SUMMICRON(M)50/F2 ('57)
 Leica ELMAR(L)35/F3.5(不明'30頃)
 Leica ELMAR(L)50/F3.5(不明'33頃)
 Leica ELMAR(L)90/F4('46)
 Leica ELMAR (M)90/F4('56)
 Leica SUMMITAR (L)50/F2('51)
 Leica SUMMARIT (L)50/F1.5('55)
 Leica TELE-ELMARIT(M)90/F2.8('64)
 Carl Zeiss Jena TESSAR(Cx) 50/F2.8('31)
 RICOH GR LENS(L)28/F2.8('97)
 AVENON MC(L)28/F3.5('98)
 Nikon NIKKOR-P.C(L)105/F2.5('54)
 Voigtlander COLOR HELIAR75/F2.5
 Voigtlander NOKTON classic40/F1.4M.C
 MINOLTA M-ROKKOR(M)40/F2('81)
 AVENON SUPER WIDE(L)21/F2.8('00)
 KMZ JUPITER-12(L)35/2.8('56)
 千代田光学(MINOLTA)
      SUPER ROKKOR45/F2.8('50)

●OLYMPUS OM-1
 (since2010.10〜2014.07)
●OLYMPUS OM-3
 (since2011.10~2012.5)
 OLYMPUS F.ZUIKO 50/F1.8
 OLYMPUS G.ZUIKO 50/F1.4
 OLYMPUS ZUIKO AUTO-MACRO 50/F2
 OLYMPUS ZUIKO AUTO-MACRO 50/F3.5
 OLYMPUS H.ZUIKO 24/F2.8
 OLYMPUS ZUIKO 200/F4
 OLYMPUS ZUIKO AUTO-T 300/F4.5

●Rollei ROLLEICORD Ⅰ
 Carl Zeiss Jena Triotar 75/F4.5(固定)
 (since2012.3〜2016.11)

●Panasonic LUMIX DMC-G1
 (since2009.4~2010.8)
 LUMIX G VARIO14-45/
  F3.5-5.6ASPH/MEGA O.I.S. SPECS
 LUMIX G VARIO45-200/
  F4-5.6ASPH/MEGA O.I.S. SPECS

●RICOH RICOHFLEX Model ⅦS
 RICOH ANASTIGMAT 80/F3.5(固定)
 (since2011.11~2011.12)

●Rollei ROLLEICORD Ⅴb
 Schneider Xenar 75/F3.5(固定)
 (since2011.11~2011.12)

●Rollei ROLLEICORD Ⅰa
 Carl Zeiss Jena Triotar 75/F4.5(固定)
 (since2011.12~2012.3)

●KOWA Kowa SIX MM
 (since2013.10〜2014.4)
 Kowa 40/F4

●Kodak RETINETTE ⅠB
 Rodenstock Reomar45/F2.8(固定)
 (since2014.3)

●BOLSEY Model C
 WOLLENSAK ANASTIGMAT 44/F3.2(固定)
 (since2014.4〜6)

●FUJITA 66 SQ
 (since2014.8〜9)
 FUJITA 80/F2.8
 FUJITA H.C 52/F3.5
 KALIGAR P.C 150/F4

●KONICA Pearl III MX
 (since2014.11)
 Hexar 75/F3.5

●ASAHI PENTAX SP
 (since2014.9〜12)
 Super-Multi-Coated TAKUMAR 50/F1.4
 KMZ INDUSTAR-50-2 50/F3.5
 Schneider-Kreuznach Edixa-Xenar 50/F2.8
 Kilfitt Makro-Kilar TypeD 40/F2.8
 Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70/F2.7-3.5 MC
 P.ANGENIEUX RETROFOCUS TYPE R1 35/F2.5

●Rollei B35
 Carl Zeiss Triotar 40/F3.5(固定)
 (since2014.3〜2015.1)

●KONICA Pearl II
 (since2014.12〜2016.4)
 Hexar 75/F3.5

●ZEISS IKON Super Ikonta531
 (since2014.12〜2016.5)
 Carl Zeiss Jena TESSAR 75/F3.5

●Rollei ROLLEIFLEX 4×4
 Carl Zeiss Jena Tessar 60/F3.5(固定)
 (since2012.1〜2016.5)

●RICOH GR1v
 (since2015.1〜2016.5)
 RICOH GR LENS 28/F2.8(固定)  

●PENTAX Q-S1
 (since2015.7〜2016.5)
●PENTAX Q
 (since2015.9〜2016.9)
 02 Standard Zomm 5-15/F2.8-4.5
 07 Mount Shield Lens 11.5/F9

 DALLMEYER Anastigmat 13/f1.9(D)
 P.ANGENIEUX PARIS Zoom Type K2 7.5-35/F1.8(D)
 P.ANGENIEUX PARIS RETROFOCUS 6.5/F1.8(D)
 Kern-Paillard SWITAR 13/F0.9(D)
 P.ANGENIEUX PARIS Type J11 12.5/F1.8(D)
 Schneider-Kreuznach Xenon 13/F1.5(D)
 KOWA Cine-Prominar 13/F1.9(D)
 Kern-Paillard YVAR 36/F2.8(D)
 Kodak Cine Ektar 15/F2.5(C)
 Wollensak Cine Raptar 9/F2.5(D)
 HugoMeyer KinoPlasmat 12.5/F1.5(D)

●KMZ MOSKVA 5
 INDUSTAR24 105/F3.5(固定)
 (since2016.12〜2017.1)

●Plaubel Makinette
 Anticomar 50/F2.7(固定)
 (since2012.10〜2017.2)

過去ログ +

2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【3件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【11件】
2017年 03月 【14件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【34件】
2016年 10月 【37件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【15件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【18件】
2016年 05月 【19件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【23件】
2016年 01月 【25件】
2015年 12月 【33件】
2015年 11月 【34件】
2015年 10月 【65件】
2015年 09月 【45件】
2015年 08月 【42件】
2015年 07月 【48件】
2015年 06月 【36件】
2015年 05月 【19件】
2015年 04月 【11件】
2015年 03月 【17件】
2015年 02月 【26件】
2015年 01月 【43件】
2014年 12月 【48件】
2014年 11月 【42件】
2014年 10月 【35件】
2014年 09月 【38件】
2014年 08月 【29件】
2014年 07月 【27件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【24件】
2014年 04月 【28件】
2014年 03月 【34件】
2014年 02月 【19件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【27件】
2013年 10月 【17件】
2013年 09月 【17件】
2013年 08月 【26件】
2013年 07月 【20件】
2013年 06月 【22件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【10件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【22件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【22件】
2012年 10月 【24件】
2012年 09月 【32件】
2012年 08月 【27件】
2012年 07月 【36件】
2012年 06月 【49件】
2012年 05月 【44件】
2012年 04月 【32件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【38件】
2011年 12月 【38件】
2011年 11月 【36件】
2011年 10月 【35件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【28件】
2011年 07月 【27件】
2011年 06月 【29件】
2011年 05月 【33件】
2011年 04月 【41件】
2011年 03月 【46件】
2011年 02月 【41件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【48件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【55件】
2010年 09月 【29件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【22件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【37件】
2010年 04月 【68件】
2010年 03月 【32件】
2010年 02月 【66件】
2010年 01月 【54件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【48件】
2009年 09月 【50件】
2009年 08月 【43件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【44件】
2009年 05月 【49件】
2009年 04月 【33件】
2009年 03月 【21件】
2009年 02月 【17件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【24件】
2008年 11月 【20件】
2008年 10月 【22件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【19件】
2008年 07月 【17件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【26件】
2008年 04月 【28件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【45件】
2008年 01月 【40件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【24件】

LINK

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ